こんばんは

良い事は本当に続く事が無い私の人生だす(*_*)

時間の無い時や応急処置の施術も考えなければいけないと再認識しました・・・

腰痛などで少しでも軽くなったりすると、無理しても動いてしまい後で其の無理が

悪化させたり暫くは痛みに苦しむ事になってしまう事があります

★動けても安静にしてください★

と言うだけでも違うのですが言わずにいたら後からの痛みで私の施術の為にと想われてしまうと言う事と帰って苦しめてしまったかなぁと後悔する事がありました。

相当前のブログにも書いた事も想いだしました。

柔道の弟子で小児喘息持ちのが居ました。

ライバル弟子と稽古中に喘息発作が出た時に【胸椎】の矯正をして喘息発作が治まったら

また激しく乱取りをして帰りもニコニコ、喘息も治まり氣持ち良く本氣で充実した稽古が

できたと喜んで帰りました。

当時もちょいと心配しましたが次の稽古の時に翌日大丈夫だったか聞くと、翌日は喘息で寝込みましたと笑いながらもやはり稽古が充実できた方への喜びと発作が途端に止まった驚きと喜びも

含めて笑い話しで済みましたが下手すると救急車の事態も考えなければいけません。

仰向けて足を持ち上げた時に腰に痛みが出ると言うのは整形でも普通に椎間板ヘルニアのテストですが椎間板ヘルニアや悪化するとヘルニアにもなると言う事も告げる時間も無かったので後悔しています・・・

説明できない時はどうしたらいいのかなぁ・・・

て訳にはいかないしなぁ・・・